sleep like a log

新聞のコラムや社説をながめてみる

さい帯血バンク

 血病患者らへの移植用臍帯血(さいたいけつ)を凍結保存し、全国の医療機関に供給する認定NPO法人「兵庫さい帯血バンク」(西宮市)が、入居先の兵庫医科大学から来年8月末までの退去を求められている。病棟の建て替え計画に伴うものだが、多額の移転費用や賃料の負担増が見込まれ、移設先の見通しが立っていない。存続を目指し、移転費用の募金活動も始めた。……

 赤ちゃんのへその緒や胎盤に含まれる臍帯血の移植は「幸せのおすそ分け」と表現される。骨髄移植に比べて提供者の負担が少なく、拒絶反応も起きにくいため、移植数は年々増えている。2015年度には初めて骨髄移植の件数を上回った。

 出所:神戸新聞NEXT|社説|さい帯血バンク/善意が築く医療守りたい(2017.8.9)

 

  「さい帯」とは「へその緒」のことだそう。漢字で書くと臍帯。骨髄移植はよく聞くが、臍帯血の移植というものを初めて知りました。白血病だけでなく、再生不良性貧血などの血液難病や、先天性免疫不全などの造血幹細胞移植により治癒可能な病気の治療に用いられているという。

 

特定NPO活動法人 兵庫さい帯血バンク

  臍帯血や臍帯血バンクについて分かりやすく説明してある。

造血幹細胞移植の各方法の比較:[国立がん研究センター がん情報サービス 一般の方へ]

  骨髄移植、末梢血幹細胞移植、臍帯血移植の違いや、それぞれの長所・短所が比較してある。

統計資料 | 造血幹細胞移植情報サービス

  骨髄バンクと臍帯血バンクについての統計資料。

 

 

 

  

どんな本読んでるの?

 

「何を読んでいるか言ってごらん。そうすれば君がどんな人間か当ててあげよう」。1952年ノーベル文学賞を受賞したフランソワ・モーリヤックのよく知られた名言だ。……

 出所:何を読んでいるか言ってごらん - Miyanichi e-press(2017.8.2)


 「どんな本読むの?」とか「どんな音楽きくの?」とか訊かれるのが嫌だ。こういう質問ならまだ適当に言いようもあるけれど、実際に読んでいるときに「何読んでるの?」なんて尋ねられるのは本当にこわい。

 本や音楽について語ることは、裸になるのと同じくらいの恥ずかしさを感じる(どちらか選べといわれたら本棚をさらすけれど)。といっても、相手は深く考えないだろう。「気にしないのに」「もっと自分を出したらいいのに」とか言ってくる人もいるけれど、これは相手がどう受け取るかではなく、自分がどう感じるかの問題だ。

 上司に読んでいる本を訊かれたら「思想調査ですか?」と答えるという強者も、知り合いにはいたけれど。