読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sleep like a log

新聞のコラムや社説をながめてみる

されどトイレ

レビドラマ『離婚弁護士』で主演の天海祐希さんがセクハラされた女性の職場に乗り込む場面。トイレが男女共用であることに、セクハラ問題に鈍感な会社の体質を暗示させる。
トランプ米政権が、自己認識に基づく性別でトイレを使用させるように求めたオバマ前政権の通達を撤回した。背景に、性的少数者に配慮してトイレの男女別は廃止すべきだとの主張の急速な台頭がある。当然、なぜ区別をなくすのか分からないという人たちがいる。……

出典:伊勢新聞(2017.3.1)

 たかがトイレ、されどトイレ(……いや、たかが、ということはないか)。なんて微妙で難しい問題でしょうか。オバマ氏の考え方も、トランプ氏の考え方も理解できる。

 わが社のトイレは男女共用ですが、公共施設のようなものではなく、自宅にあるようなトイレなので、バッティングしたりはしません。さすがに個室の扉の向こうに男性がいたら、出るものも出なくなりそう。でも、女性専用のトイレであれば、なにか汚れや忘れ物があったとしても暗黙のうちにカバーし合えるけれど、同じトイレを男性も使用するので、自分が用を足した後は、矯めつ眇めつ眺めて、なんの落ち度もないか、しつこくチェックしてしまいます。たぶん、あいつトイレ長いなって思われてる。

 しかし、男女ではっきり住み分けされることが、必ずしも居心地のいいものでないこともまた、事実であると思います。体の性と性自認が一致していない場合、心の性と異なるトイレを使うことは苦痛だろうし、かといって、心の性と同じトイレを使うこともまた、苦痛でしょう。トランスジェンダーだと公言しているようなもの。それ自体は何も恥じることではありませんが、セクシャリティをどれほどオープンにし、あるいは閉ざしておくかなんて、きわめてプライベートで、かたく尊重されてしかるべき問題なのだから。

 

雁供養

 会社ではゲラを回し、それ以外では三つの副業に追われる。なぜすべての繁忙期が重なったし…。貧乏暇なしとはまさにこのこと。1か月ぶりの更新でございます。

 軽の浜の言い伝え――。渡り鳥のガンは枝をくわえて海を越える。疲れたら波間に枝を浮かべて止まり、羽休め。津軽の海岸に近づくと枝を落とし、さらに南へ。翌年、北へ向かう途中に自分の枝を見つけ、またくわえて去る。後には冬を越せなかった鳥の枝が残る。

 「鳥の供養にと、浜の小枝を集めて風呂をたてる風習が昭和30年代までありました」と、雪天俳句会(青森市)主宰の新谷ひろしさん(87)が教えてくれた。春の季語「雁風呂」「雁供養」の由来である。……

 出典:河北春秋|2月27日 | 河北新報オンラインニュース

 

 想像しただけで絵になるというか、絵本がひとつ出来上がりそうな、感傷的な情景だ。ぼんやりと眠たい思考のなかで思い浮かべれば、空想上の鳥は、冬どころか海すら越えられそうにない。この忙しさは年明けに始まり、桜の頃まで続く予定。イマジネーションは暇なときと忙しいとき、どちらが刺激を受けやすいのだろう。ねむいよー。