sleep like a log

新聞のコラムや社説をながめてみる

愛と正義

 

「われらは愛と正義を否定する」

 障害者運動史で、ひときわ強烈なこの言葉。脳性まひ者たちの団体「青い芝の会」の行動綱領として知られる。

 1970年、母親が障害のあるわが子を殺害する事件が起きた。母親への同情から広がる減刑嘆願運動に、同会は強く反発。愛ゆえに障害者は殺されても仕方ないのか。同情は正義か。「殺される側」からの問題提起は当時、広範な議論を巻き起こした。……

 出典:岩手日報・論説(2017.7.26)

 

 相模原障害者施設殺傷事件から昨日でちょうど1年だった。つい3ヶ月ほど前の事件のような気もしていたが、もう1年もたつ。

 個人の問題ではなく、社会問題が顕在化したものだ。人々の集まりを社会としてみたとき、そこには様々な生きづらさを抱える人がいる。身体障害者精神障害者知的障害者に限らず、左利き、低所得者、低学歴者、シングルマザー、シングルファザー、セクシュアル・マイノリティ……そして、その周囲の人びと。こうした生きづらさは、社会機能上、世の中がマジョリティーに合わせて形づくられているため、必然的に発生するものだ。五体満足で、右利き、大卒、正社員、異性愛者、結婚し、健康な子どもをうみ、育てる。そうした生き方に添えば生きやすい社会システムになっている。しかし、それは、正しさの証明ではない。正しさというのは、容易に使うことはできない言葉だが、マジョリティーの中にマイノリティーが存在する、そうした社会の存在が正しさだといえるだろう。この形態を社会システムが歪めるのではなく、この形態に合わせて社会システムがつくられなければならない。

 これは、もちろん、理想論だ。わたしたちは聖人君子ではない。しかし、だからこそ、愛や正義ではない、システムを形作ることが必要なのだと思う。

 

社会をあかるく

 先日、ひょんなことから保護観察所の前を通りかかり、こんな所にあったのかと驚いた。すぐ近くに出身大学のキャンパスがある。まったく気づかなかった。もっとも、あのころの私は自分の内側にしか興味がなかったので(今でも割とそうだけど)、気づいていないものはたくさんある。今になって気づくたびに、私は大学時代を無為に過ごしたのだという靄が胸をふさぐ。

 今月は社会を明るくする運動の強調月間らしい。そんな垂れ幕が保護観察所にかかっていた。社会を明るくする運動? 小学生のとき、毎年、ポスターを描かされたけれど、いまだにどういうことだかピンとこない。

 

 を犯してしまった人でも、それを償えば社会の一員として再び受け入れたい。理想ではあるが、現実はどうか。……

 街のチンピラ2人が、青年を暴行して海に突き落とし死なせた。理由は「生意気な口をきいたから」。出所後何年かして1人は覚せい剤取締法違反、もう1人は無免許、酒気帯び運転で逮捕された。……

 「ワル」はしょせん「ワル」でしかないのか。刑務所での矯正教育は適正、十分なのか。それとも、出所後の社会の受け入れ体制に不備があって、再び罪に走ることを防げなかったのか。2016年版犯罪白書によると、出所受刑者のうち約4割が5年以内に再び犯罪に及び「塀の中」に戻っている。……

 出典:岩手日報 風土計(2017.7.23)

 

 上記で参照されている資料は、「平成28年版 犯罪白書 第5編/第3章/1」であろう。しかし、より注目すべきはこの次のページ「平成28年版 犯罪白書 第5編/第3章/2」だ。ここには再入者状況を属性別にみた特徴がまとめられている。いわく、65歳以上の者は20.4%であり、満期釈放者の方が仮釈放者に比べて再入率が顕著に高く、窃盗覚せい剤取締法違反が全体の過半数を占めているという特徴だ。こうしたデータから、再犯を促す要素や、出所者に対する支援の示唆を得ることができる。