読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sleep like a log

新聞のコラムや社説をながめてみる

国連特別報告者

気が狂いそうなほど眠い。 共謀罪の構成要件を取り込み「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案を巡り、衆院通過を前に国連特別報告者が政府に書簡を送り「深刻な欠陥のある法案をこれだけ拙速に押し通すことは絶対に正当化できない」と強く批判した…

生前退位

コーヒー飲むとお腹がゆるくなる…。猫型のシュガー(カップに縁に引っ掛けられるやつ)を買ったんですけど、けっこうカップの縁の厚さに対する引っかかり具合がシビアで、なかなかうまく飾れません。うまく引っかかれば、ちょうど猫がカップの中を覗いている…

無戸籍問題

生まれた子との親子関係を否定する「嫡出否認」の訴えを夫にのみ認める民法の規定は憲法違反として、60代の女性が娘や孫とともに国に損害賠償を求め神戸地裁に提訴した。女性は約30年前に夫の暴力から逃れ、離婚前に別の男性との間に娘が生まれたが、民法の…

相続法制の見直し

9月です。またたくまに秋の空気ですね。私はこの時季から冬にさしかかるまでの季節が大好きです。冬になったら冬になったで、毛布にくるまる楽しさもありますが。 刑事訴訟法の改正も話題ですが、民法の見直しも注目です。時代に則した改正が検討されなけれ…

テロ等組織犯罪準備罪

政府が9月の臨時国会で「テロ等組織犯罪準備罪」を新たに求める法改正案の提出を目指している、という記事がありました。過去に小泉政権が3回、国会に提出し廃案となった「共謀罪」について、修正を加えて罪名を変えたもの……のようです。東京五輪に向けて…

GPS捜査・名古屋高裁控訴審判決

相模原の事件は衝撃的でしたね。計画的であること、躊躇のなさ、犠牲者の数……そうそう起こる事件ではありませんが、しかし、その人自身の性質や環境によっては、そういうことができる人間が現われうるということ、なのでしょうか……。 この事件については、も…

裁判員裁判制度7年

重大事件の裁判に市民が参加する裁判員裁判が始まって7年が過ぎた。裁判員を務めた人は6万8千人に上り、8800人近い被告を裁いた。…… 問題は、裁判員を辞退する人の率が年々増え、高止まりしていることだ。……制度が始まった2009年の辞退率は53%だったが、…

取り調べの可視化:刑事訴訟法改正案

司法取引の導入や通信傍受の対象拡大、警察・検察による取り調べの録音・録画(可視化)の義務化を盛り込んだ刑事訴訟法などの改正案が参院で可決された。…… 可視化は、本来の趣旨から言えば全事件・全過程であるべきだ。しかし、今回の対象は裁判員裁判事件…

緊急事態条項

昨日、改憲と緊急事態条項について触れましたが、本日付の社説でも、同じく災害に乗じた改憲を危惧する内容を見つけました。 大災害や他国から武力攻撃を受けた際に内閣に権限を集中させる「緊急事態条項」の創設が、憲法をめぐる論点として浮上してきた。 ……

憲法記念日

河原町を歩いていたら「戦争反対」「9条まもれ」「戦争法は憲法違反」とコールしながら歩く賑やかな団体が。そういや今日は、憲法記念日でしたね。 新聞コラムや社説もほぼ憲法記念日一色。憲法改正に意欲的な安倍首相の姿勢を案じる内容がほとんどでした。…