読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sleep like a log

新聞のコラムや社説をながめてみる

ダイベストメント

政治・経済 環境

 

 GW最終日。京都では巨大なスーツケースを引く外国人観光客の姿が多く、5年前とくらべると、かなりの賑わいです。カフェにて、「働いたら負け」と書かれたシャツを着ているブロンド女性の姿を視界に入れながら、これを書いています。

 きょうは母の日と日露首脳会談の話題が目立ちました。

 私が気になったのは、こんなコラムです。

 

 「地球温暖化や環境破壊の原因になる石炭産業などへの投資は、将来世代のためにやめるべきではないか」-。……「ダイベストメント」と呼ばれるこの動きは今や世界的。機関投資家などが、石炭や化石燃料関連産業からの投資引き揚げを表明するまでになった。……だが、日本の年金基金や機関投資家にダイベストメントの動きはあまり見られない。……

 キャンペーンのスローガンの一つは「私のお金を使わないで」というものだ。自分たちの年金や預貯金、税金が子供や孫の将来を危うくするような投資に使われていいのだろうかという問いである。

〔コラム:下野新聞2016年5月8日。協調は引用者〕

 

 へぇ~と思いました。そんな動きがあるんですね。確かに、日本では、納めた年金や銀行に預けたお金の使い道――どんな産業に投資されているかに対して、無頓着かもしれません。

 例えば、年金や預貯金をどの産業にどの割合で投資するか、その比重を選べるようになればいいなと思いました。もちろん、運用する側としては利益を見込める所へ投資するでしょうから、運営上、難しいところでもあるでしょうが……。

 

www.shimotsuke.co.jp