読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sleep like a log

新聞のコラムや社説をながめてみる

女性のアルコール依存症

医療・福祉 生活

 北海道でしつけだとかで置き去りにされ、不明になっていた7歳男児、無事に見つかって良かったですね。しっかりした子で幸いでした。知らない山でひとりぼっち、夜はさぞかし恐ろしかったでしょうね…。

 私の上のきょうだいは、小さいころ、家の外(家そのものが山の中なので、十分こわい)に出されて入れてもらえないということもあったみたいですが、野犬やイノシシが出るようになったので、私はそういうお仕置きは受けたことがありません。親の責任や管理が届く範囲でなければ、しつけとは言えないでしょう。

 

 ……「百薬の長」といわれるように、飲酒は適量であれば生活に豊かさと潤いを与える。しかし、不適切な飲酒は健康を害し、依存症になると、本人の健康問題だけでなく、飲酒運転、暴力、虐待、自殺などの社会問題にも密接につながっていく。常に一定濃度のアルコールを体の中に維持していないと、手の震えや睡眠障害が現れるようになり、重症になればけいれん発作や幻聴、幻覚に悩まされる。一方で、依存症を指摘されても本人が全く問題を認めないか、過小評価するのもこの病気の特徴とされる。

 最近は特に、若い女性患者の増加が心配されている。2009年の厚生労働省の調査では、20~24歳の女性の習慣飲酒者の割合は約90%で、男性の80%台前半を上回った。……

 しかし、女性は男性に比べて体が小さく脂肪が多いため、血中アルコール濃度が上がりやすく依存症になりやすい。……摂食障害などを併発することも多く治療も難しいとされる。……

〔社説:佐賀新聞2016年6月3日。強調は引用者〕

 

 私はお酒がぜんぜん飲めないので、忘年会とか、職場の人に食事に誘われたときもウーロン茶やほうじ茶をすすっています。飲んでも3口くらいで回ったなと感じるし、なんかもやもやして(むかむかというほどではない)黙り込んでしまいます。コップ半分でこめかみが脈打ち、軽い頭痛を覚えることも。

 本当に20代前半女性の9割が飲酒の習慣をもっているの?と、つい疑ってしまいます。そんなに日常的に飲むものなんですか、お酒って。

 でも、親しい友人とか、ひそかに好きな人が、自分の前でお酒を飲んで、いつもと少し違う、緩い雰囲気をまとってくれると嬉しい。人付き合いとかでよく飲んでいたり、記憶があやふやなまま家に帰ったとかいう話を聞くと、心配になります。

 節度あるつきあいをして、ここぞというときに気を許すような、そういう飲みかたをしてくれたらなと思います。しかし、アルコール依存症にまでなる人は、単なるお酒が好きだとかではない、不安とかストレスとか、そういう別の問題があるのでしょうね。

 

www.saga-s.co.jp