読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sleep like a log

新聞のコラムや社説をながめてみる

海の日(背浮き/IUU漁業・海洋の酸性化)

 お盆は田舎に帰省するので、なんだかナーバスになって、昨夜はよく眠れませんでした。交通事故に巻き込まれたらどうしよう、とか、遠出したときに車が海に落っこちたらどうしよう、とか。水没した車から脱出する方法を検索したりとかして、胸がどきどきして、空がうっすら白み始めてから眠りにつきました。

 自分や家族の死について思いをめぐらせて、小さな物音にも神経過敏になって、眠れなくなる夜はありませんか。

 

 きょうは「海の日」に関する記事を2点。

 

 きょうは「海の日」……水の事故が多い季節でもある。悲報を聞くたびに、東松島市野蒜小で東日本大震災の大津波に襲われた小学6年の女子児童の行動を思い出す。

 濁流が背丈を超えた体育館で、児童は授業で習った「背浮き」を実践した。体の力を抜いてあおむけに浮き、水面から口と鼻を出して息継ぎした。母親に名前を呼ばれたが、「肺の空気が抜けたら沈むと教わった。返事は1回にした」と言う。……

河北春秋|7月18日 | 河北新報オンラインニュース


  ……漁業資源の減少は深刻だ。……原因の一つは、国際的な漁業資源管理を無視して行われる「違法、無報告、無規制(IUU)漁業」の存在だ。FAO(国連食糧農業機関)は、その規模が最大では2600万トン、金額にすると230億ドルに上ると試算し「海洋生態系に対する最大の脅威の一つだ」としている。日本の食卓にも、かなりの量のIUU水産物が上っていると考えていいだろう。
 海の生態系への脅威はIUU漁業や乱獲だけにとどまらない。その一つが海洋の酸性化だ。人間活動の影響で、産業革命が始まる前は280ppmだった大気中のCO2濃度が今では400ppmに上昇した。大気中のCO2濃度が高くなるに連れ、海水中に溶け込む炭酸の量が増えて海水の酸性度が高くなることや、それがさまざまな海の生物に悪影響を与えることが分かってきた。……

山陰中央新報 - 海の日/環境保全の努力強化を(2016.7.19)