sleep like a log

新聞のコラムや社説をながめてみる

教員の勤務時間

 教委は、県内公立学校の教員を対象にした勤務実態調査の結果を公表した。校内での勤務時間が週60時間以上の教諭は小学校で38.4%、中学校で68.9%、高校は45.3%に上った。……

 平日の正規勤務時間外で最も時間を割いた業務内容は、小学校では「成績処理」、中高は「部活動・クラブ活動」が最多だった。

 出所:【9月22日付社説】教員の長時間勤務/教育現場にも働き方改革を:社説:福島民友新聞社 みんゆうNet

  週60時間以上って、1日12時間以上じゃないですか…。でも、朝の7時に来て夜の8時に帰っていたら、そうなりますよね。それぐらいの時間になると思います。自分の学生時代をイメージしても、その姿が当たり前のように思い返せることが、もはや問題なのかもしれません。あたり前になってしまっているんですね。

 でも、これは校内での勤務時間の話。仕事を家に持ち帰って、採点や翌日の授業の準備などをされているんだろうなと思うと、ずっと仕事をしているようなものではないですか。保護者から、相談とかいって電話もかかってきたりしたら、大変でしょう。「先生だから」「先生なのに」という言葉は、簡単に使わないようにしたい。どんな仕事であれ、労働と対価がつりあってこそで、自己犠牲の上に成り立つべきではないと思います。