sleep like a log

新聞のコラムや社説をながめてみる

大阪の地震

 阪府北部を震源地とする震度6弱地震が発生した。約13キロと浅い地下で起きた直下型で、地震の規模はマグニチュード(M)6.1と推定される。京都で震度5強、滋賀は5弱だった。……
 地震の巣の上に人口密集地が広がる――。そんな地震列島・日本の現実を改めて思わされる。引き続き警戒が必要だ。余震はもちろん、別の地震が誘発されるおそれもある。気象庁は今後1週間は震度6弱程度の地震が起こりうるとしている。……

 出典:京都新聞 社説 - 大阪で震度6弱(2018.6.19)

 

 地震こわいよぅ…。朝シャンの直後だったので、ゆらゆらしながら服を着ました。ああいうとき、人は何もできないんだな……。電車は動いていない様子だったので、しばらくベッドでゴロゴロしていたのですが、余震が怖くてバスで出社しました。ひとりで古いマンションにいるよりは、新築の会社のほうが落ち着くし……。

 地震は自分がどこにいるときに起こるかでだいぶ状況が変わってくるなと思いました。家に非常時のためのグッズを用意していても、実際のところ、会社や外出中に被災する可能性もかなり高いわけですから。ある程度の現金やモバイルバッテリー、飲み物、飴やガム、ウェットティッシュなどは持ち歩いていたほうがいいのかもしれません。