sleep like a log

新聞のコラムや社説をながめてみる

さんまの味とすだち

 名に使われているのに、その魚が本編に登場しない映画がある。小津安二郎監督の「秋刀魚の味」だ。妻を亡くした初老の男を笠智衆さんが演じる。娘が結婚して家を出る寂しさ、忍び寄る老いの不安…。ありふれた日常の中で揺れる心を淡々と描いた名作だが、予想したサンマを味わうシーンは、ない。……小津監督は、サンマの苦さやしょっぱさを人生に重ねて題名にしたそうだ。

出典:題名に使われているのに、その魚が本編に登場しない映画がある…|【西日本新聞】(2018.9.8) 

 

 さんま食いてえな……。すだちをもらったばかりだから、なおのこと食べたい。コレステロールの基準値がちょっとだけ超えていたから、ますます食べたい。

 すだちの使い道に悩んでいるが、あたたかいおうどんに入れたのはおいしかった。次はペペロンチーノとかにもしてみたい。最近、冷えのせいかお腹がゆるいので、冷たい食べ物は避けたい。すだち・かぼす・ゆずあたりはベランダでも簡単に育てられるのだろうか。実家の母に贈ったレモンはいまいち実が成らないが……。