sleep like a log

新聞のコラムや社説をながめてみる

つながらない権利

 外の労働現場で今、注目されるキーワードの一つが「つながらない権利」だという。勤務終了後は仕事の電話に出ず、メールにも返信しない。そんな労働者の権利である。

 フランスで2017年に法律に権利が明記され、従業員50人超の企業は、勤務時間外のメールの扱いなどを労使で協議するよう義務付けた。イタリアでも時間外は対応しなくてよい規則を設けた職場がある。……うらやましいと思うか、それで仕事になるのか、と感じるかは人それぞれだろう。……

 出典:海外の労働現場で今、注目される…: 滴一滴: コラム: 山陽新聞デジタル|さんデジ(2019.1.8)

 

 あけましておめでとうございます。年賀状は届いた人にだけ返信するタイプなのですが、めんどくさがっているうちにもう8日です。面の皮が厚くなってきたので、15日までに送ればいいかな…とか思っています。

 実家に帰省している間もちょこちょこと副業の作業をして、正月休み明けに納品しました。24時間365日勤務時間だわ…。会社勤めのいいところは、会社にいる8時間以外はその仕事についてなーんも考えなくていいことだと思います(私の場合は)。会社にいるときの自分がなんとかしてくれるはず。

 副業のほうは、仲介業者が間にいない仕事だと、報酬も分量も期間もなあなあな感じで進むので、精神的につかれを感じます。正月明けに納品したものも、「ありがとうございます。ちなみに、◯◯◯◯もしてくれませんか」(納品物の修正・調整ではなく、納品物を用いた新たな作業)みたいな返事がきて、ちなみにってなんやねんって思いました。

 そろそろ副業を減らして、なんか適当な趣味に時間を割きたい。そう、自分で選んだ万葉集の好きな歌でカルタとかつくって悦に入りたい。つながりによって生かされながら、一方で、あらゆるつながりを断ち切って川の底に沈みたい。源泉が流れ込むあったかい川がいいな。