sleep like a log

新聞のコラムや社説をながめてみる

2018-06-26から1日間の記事一覧

月曜日の朝

<月曜日の朝のようにロマンチックではない>。そんな英語の言い回しがある。英国の作家C. ブロンテの小説の一節だ。現実の煩わしさを最も感じるもの憂い時。しかし、昨日の朝ばかりは寝不足が重なっても、なかなかの幸福感を覚えた人が、多かったのではな…